業界を変える挑戦

SCROLL

現場のDXから、業界を変えていく。

“人のためのDX”を推進する。その一環として、大成建設は現場のためのソリューションに取り組み、実証実験や実績を積み重ねています。建設業界の働き方をも変えゆく、プロジェクトの一部を紹介します。
01T-iRemote Inspection × T-BasisX®
PROJECT 01
T-iRemote Inspection × T-BasisX®
“明日の働き方”を変える、現場のDX。
建設業界では、現場における労働生産性向上を目指したICTの活用が急速に進展しています。ここで紹介するのはロボットによる遠隔巡視システムと、現場の基盤として広域Wi-Fi環境を実現するシステム。いずれも、先進性よりも普及性を重視して開発に取り組んでいます。
02T-iCraft® × T-iDigital® Field
PROJECT 02
T-iCraft® × T-iDigital® Field
人のためのDXは、現場の発想から。
業務の効率化や無人化、自動化などによる生産性向上が求められる中、大成建設では早くから施工状況、地質情報、計測情報などを共有して活用することに取り組んできました。ここでは、建設機械の協調運転を可能にするシステムや、大量のデータを活用した現場管理システムを紹介します。
03建築生産システムDXパッケージ施工
PROJECT 03
建築生産システムDXパッケージ施工
“パッケージ施工”という発想で、技術を集約・連携・展開。
設計から施工、竣工までFULL BIMで展開する中、施主との合意形成や施工管理の安全周知も含めて、あらゆる作業をシームレスに取り込むためにチャレンジしたのが、“パッケージ施工”という取り組みです。多様な生産プロセスのDXに向けたデジタル技術をメニュー化することで、他の現場への展開も容易にしました。