未来を創る技術

SCROLL

“人のためのDX”を、実現するために。

人が使う、人のためのDX──それが大成建設の目指すDXの姿です。建築・土木の現場の、建設業界の未来を切り拓くために、私たちは3つの領域でDXに注力し、さまざまなソリューションを提供しています。

DXの注力領域

生産プロセスのDX
経営基盤のDX
サービス・
ソリューションの
DX

生産プロセスのDX

BIM/CIMやAI、IoT、ロボットなどを活⽤することによって、品質確保や原価低減、⼯期短縮、危険予測、環境負荷低減を図り、⾶躍的な⽣産性の向上を実現する。

経営基盤のDX

⽣産プロセスとサービス・ソリューションのビッグデータと当社グループ内に散在する技術開発、顧客、⼈事、経理、財務データなどをつなぐプラットフォームを構築し、AIなどと連携・利活⽤できる環境を整備することで、意思決定の迅速化を実現する。

サービス・ソリューションのDX

竣⼯後の施設データなどを活⽤することで、新たなサービスの提供や、施設のO&M(オペレーション&メンテナンス)などの事業領域の拡⼤を図る。

課題を解決する技術

BIM/CIMの設計・施工クラウド連携によるデジタルツイン構築
調達関連情報提供システムの改善
最先端のデジタル技術による生産プロセスの見える化と効率化
統合プラットフォームの構築
デジタル人材の確保とローテーション制度確立
O&M(オペレーション&メンテナンス)領域の事業化
データを基に最適なタイミングで提案する営業スタイルへの変革
6O&M領域の事業化
リアルタイムで建物情報を収集
「LifeCycleOS」
業界初のBIMと建物の運用管理データを統合管理する技術で、建物情報を有効活用。